スタイリスト 大沢 早苗さん
×
Lino e Lina

2018 Autumn&Winter WEAR コーディネート特集 Vol.1

プロのスタイリストさんによる、新鮮コーディネート。

スタイリストとして活躍される、大沢早苗さん。
以前からLino e Linaをスタイリングに活用くださっています。
今回は、“大人の女性のためのスタイリング”を得意とする大沢さんに、
Lino e Lina 今季の新作で、いつもとはちょっと違う
新鮮なコーディネートを考案いただきました。
大沢さんのコメントとともにご紹介いたします。

大沢 早苗さん

広告関係のスタイリストに師事した後、スタイリスト事務所に勤務し、独立。
雑誌「レタスクラブ」「サンキュ!」の他、
女性誌や「暮らし上手」シリーズなどの
ライフスタイル誌などで人気スタイリストとして活躍中。

Item.1

小さな襟に、前開きのシンプルなシャツブラウス。

大沢さんの
Styling advice
「リーノ・エ・リーナの“麻”は柔らかさがあるので、ハードな素材と合わせてもピリッとしすぎません。
かっちり着なくても簡単に様になりますよ。
麻素材は今やオールシーズン。お手持ちの異素材のものと合わせて楽しんでほしいです。」

シンプルシャツも小物使いでパリジェンヌ風。

カジュアルになりがちなリネンブラウスは、
パールのネックレスを合わせて大人っぽく。
柔らかな雰囲気のリネンはレザーとあわせてもハードになりすぎず、
さらっと着るだけで決まります。

ワイドパンツで、エスニックな印象に。

定番のシャツ×パンツコーデも、ワイドパンツでエスニックな雰囲気に。
ウール素材のパンツはリネンともしっくり馴染みます。
エスニックなバックルやメタリックなシューズをアクセントにしても。
Item.2

シンプルでスマートなフォルムの前開きワンピース。

大沢さんの
Styling advice
「デニムカラーのリネンは、とにかく合わせやすいです!
実は“デニム”とも相性が良いんです。
ボトムにデニムを合わせるなら、ワイドパンツが格好良くきまりますよ。」

カジュアル素材もきれい目に。

インナーにパーカーを合わせる新鮮なコーデ。
カジュアルな印象のリネンとスウェットの組み合わせも、
首元のパールやヒールできれい目な印象に。
袖部分はあえて中のスウェットをのぞかせるとポイントに。

黒のラインですっきり着こなす。

E54-2はシャツワンピースとしてシンプルに着こなしやすいシルエット。
どんな色味もあわせやすいデニムカラーは、
中をブラックで揃えるとよりすっきり見えます。