リネン(麻)は夏だけと思われがちですが、

実は、抜群の保温性もあって冬場もおすすめです。

寒い冬にリネンをおすすめする理由とは?

冬こそ、リネンを。

冬こそ、リネンを。

Winter linen Style

ニットに合う、
しっとりとした質感

リネンは独特の光沢感や風合いがあって、しっとりとした雰囲気が特徴です。
ウールやアルパカ、カシミアなどのニット製品とも相性が良い素材。
リネンのブラウスにニットを重ねる、インナーとして。逆に、ハイネックのセーターの羽織りとして、アウター使いに。
リネンのウエアはインナーとしてもアウターとしても使えるので、コーディネートの幅がぐっと広がります。

春から冬、おしゃれ着からカジュアルスタイルまで、オールシーズン楽しめる、便利なアイテムです。

アイテムをもっと見る

ウールなどの毛が
苦手な方にも

ウールなどの毛のものがどうしてもちくちくしてしまい、得意でないという敏感肌の方には、
ぜひリネンを冬の定番としておすすめしたい。
心地良い肌触りに、暖かいうえに蒸れないという、機能性。

冬場は、寒い場所から急に暖かい車内や施設などへの移動も多いので、
そういった時にも、そのまま巻いたり羽織っていても気にならず、とても快適。まさに、寒い冬こそ、リネンです。
ちなみに、首には太い血管が通っていてそこから熱が逃げやすいので、
巻き物で暖めることも大事なポイント。

アイテムをもっと見る

Winter colors

秋冬カラー

秋冬にぴったりのシックな色合いや
暖色系カラーも豊富です。
リーノ・エ・リーナの商品は、先染めのものが多いので、
カラーに立体感があり、秋冬の深みを出したい色には
特に向いていて、とても綺麗な仕上がりです。

寒い時期には、ダークなトーンを選ぶだけで、
コーディネートも簡単にきまります。
黄色や赤、紫などの色味は、1枚取り入れるだけで、
秋冬の装いのアクセントに。
カラーと一緒に、厚手のタイプの生地を選ぶことも
ぜひポイントにして欲しい。

Warmth

リネンの保温性

リネン繊維は、中が空洞のため空気をため込むことができます。
また、繊維が水分を吸収し、外に逃しながら熱量変化に
対応することで、内側の温度を一定に保つことができるのです。
だから蒸れずに暖か。

 
空気の層は、一番の保温性。衣類も布団と一緒で、
何枚も重ねると空気の層がつぶされて逆効果。
着こんだことで通気性も悪くなり、蒸れた時の汗で
身体の熱も奪われてしまいます。
効率的に空気の層をつくれるリネンは、
まさに冬におすすめの素材なのです。